• 本

数をとらえ直す 数体系の論理的構築

出版社名 裳華房
出版年月 2005年8月
ISBNコード 978-4-7853-1539-9
4-7853-1539-3
税込価格 2,970円
頁数・縦 181P 21cm

商品内容

要旨

本書の目的は自然数などの数概念を論理的に構成し、加減乗除の四則演算がどのように導入され、どのような性質をもつかを示すことである。

目次

第1章 自然数(準備
無限集合と自然数
自然数の加法
自然数の順序
自然数の乗法)
第2章 整数(半群と群
整数の構成と順序
整数の乗法)
第3章 有理数(整域と商体
有理数体
順序体)
第4章 実数(実数の定義と加法
実数の減法と順序
実数の乗法
累乗、累乗根および指数法則
実数の連続性と特徴付け)
第5章 複素数(複素数体の構成と基本的性質
距離空間としての実数体および複素数体
累乗根の存在
代数学の基本定理と複素数体の特徴付け)

著者紹介

柳原 弘志 (ヤナギハラ ヒロシ)  
1934年、大阪市生まれ。1959年、京都大学大学院理学研究科修士課程修了。1959年、広島大学理学部助手、その後講師、助教授。1981年、兵庫教育大学教授。2000年、兵庫教育大学名誉教授。理学博士
織田 進 (オダ ススム)  
1950年、新潟市生まれ。1976年、岡山大学大学院理学研究科修士課程修了。1990年、兵庫教育大学大学院教育学研究科自然系修士課程修了。2000年、高知大学教育学部教授。博士(理学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)