• 本

複素関数論の基礎

出版社名 裳華房
出版年月 2015年11月
ISBNコード 978-4-7853-1565-8
4-7853-1565-2
税込価格 2,592円
頁数・縦 187P 21cm

商品内容

目次

0 複素関数論のための実関数論
1 複素数とは何か
2 複素関数
3 複素関数の微分
4 複素関数の積分
5 級数展開と留数

出版社・メーカーコメント

読者と共に複素関数論を一からつくり上げる気持ちで執筆された,新しいタイプの入門書. 複素関数論は実関数論の拡張であることを踏まえ,実関数について復習する章を設け,さらに,各章の冒頭に章全体のストーリーを記したことで,「これから何を学ぶのか」「どのように話を進めていくのか」が把握できるようになっている. また,定義の動機や概念の本質的意味などの解説に重点を置き,「なぜそのように考えるのか」「なぜそのようなことを考えるのか」ということが,明確に説明されている.

著者紹介

山本 直樹 (ヤマモト ナオキ)   エラー│全国書店ネットワーク e-hon

お探しのページを表示できません。

何らかの理由でページを正しく表示できませんでした。大変申し訳ございません。
サイトが混み合っているか、お探しの情報が移動・終了した可能性がございます。
通信エラーの場合は、再度ブラウザを読み込んでみてください。