• 本

微分方程式と数理モデル 現象をどのようにモデル化するか

出版社名 裳華房
出版年月 2017年11月
ISBNコード 978-4-7853-1573-3
4-7853-1573-3
税込価格 2,750円
頁数・縦 224P 21cm

商品内容

要旨

本書は、微分方程式のテキストである。しかし、類書のようにその分類と解法に拘泥することはなく、ある物理や工学の問題は微分方程式でどのように表されるのか、そしてその微分方程式を解くことにより何がわかるのかといった、微分方程式の「活用」を主眼にして書かれている点に特徴がある。もう1つの特徴が、微分方程式の「解き方」以外の側面にも光を当てた点である。それは、微分方程式を解かなくてもわかる洞察についてであり、また、一見全く異なる現象が、共通の微分方程式で記述できるという面白さである。

目次

第1章 微分方程式とは何か
第2章 微分方程式の解法
第3章 直接積分形微分方程式
第4章 1階斉次微分方程式
第5章 1階非斉次微分方程式
第6章 2階斉次微分方程式
第7章 2階非斉次微分方程式
第8章 連立微分方程式
第9章 特殊な解法

著者紹介

遠藤 雅守 (エンドウ マサモリ)  
1965年、東京都に生まれる。慶應義塾大学理工学部電気工学科卒、同大学院博士課程修了。三菱重工業(株)、東海大学工学部非常勤講師、同大学理学部専任講師を経て、東海大学理学部教授。博士(工学)
北林 照幸 (キタバヤシ テルユキ)  
1971年、千葉県に生まれる。東海大学理学部物理学科卒、同大学院博士課程前期修了。三菱電機システムサービス(株)加速器技術センター等を経て、東海大学理学部教授。博士(理学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)