• 本

メンデルの軌跡を訪ねる旅

シリーズ・生命の神秘と不思議

出版社名 裳華房
出版年月 2017年7月
ISBNコード 978-4-7853-5123-6
4-7853-5123-3
税込価格 1,650円
頁数・縦 179P 19cm

商品内容

要旨

遺伝の法則を発見したメンデル(Gregor Johann Mendel)は、研究の材料として有名なエンドウだけでなく、ブドウも用いて研究を行っていました。そのメンデルブドウは、じつは日本とチェコとの架け橋となっていたのです―。中学校、高等学校の教科書にも登場し、よく知られていると思われていたメンデルの事績を丹念に追跡し、メンデルの実像を捉え直します。

目次

1章 メンデルブドウ100年
2章 メンデルの肖像
3章 メンデルの遺伝法則
4章 メンデルの子孫
5章 メンデルの法則の展開:優生学と育種学
6章 メンデルの法則を覆う影:ルイセンコ事件
7章 メンデルの革新性
8章 メンデルの法則の日本への浸透

著者紹介

長田 敏行 (ナガタ トシユキ)  
1945年長野県生まれ。1973年東京大学大学院理学系研究科博士課程修了、理学博士。現在、東京大学名誉教授、法政大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)