• 本

しくみと原理で解き明かす植物生理学

出版社名 裳華房
出版年月 2014年7月
ISBNコード 978-4-7853-5229-5
4-7853-5229-9
税込価格 2,916円
頁数・縦 188P 26cm

商品内容

目次

植物と生命の共通理解―いろいろに不思議を発見する
植物の体のつくり―多段構成を理解する
水と植物の科学―いのちを支えるダイナミズム
植物体を構成する基本分子―無限の可能性を秘めた生体物質
植物機能を担う分子群―分子の多様性を知る第一歩
光合成と呼吸―生命世界を動かす原動力
代謝系の基本―すべてを生み出す底力
細胞増殖と成長・発生―つねに成長し続ける植物体
調節系のしくみの基本―時と場所をわきまえた細胞間のきずな
環境応答―感度良く着実に
細胞死と分解―引き際の美学
テーマ学習(1)―葉緑体を詳しく知る
テーマ学習(2)―植物と人間の関係の新たな可能性に向けて

出版社・メーカーコメント

実際に動いているシステムとして植物の活動を理解するために、生きている植物という基本に立ち返って、「なぜ」「どのように」という質問に答えることを目指した。各章末には、重要な項目について自習するための問題と、読者自身が手を動かし実際の体験を通じて理解するための課題を用意して、学習の便を図った。

著者紹介

佐藤 直樹 (サトウ ナオキ)  
1953年(昭和28年)生まれ。東京大学理学部生物化学科卒業。東京大学大学院理学系研究科修了(理学博士)。東京大学助手、東京学芸大学助教授、埼玉大学教授を経て、2004年東京大学大学院総合文化研究科教授。専門は光合成生物の脂質生合成、比較ゲノム・進化学、生命基礎論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)