• 本

アレルギーとアトピー

ポピュラーサイエンス 231

出版社名 裳華房
出版年月 2001年2月
ISBNコード 978-4-7853-8731-0
4-7853-8731-9
税込価格 1,620円
頁数・縦 162P 19cm

商品内容

要旨

アレルギーは何者かが身体に侵入してきたとき、それに対する免疫系の反応がおきて、その反応が病気をもたらしたものとして定義されています。免疫とウイルスや細菌から、からだを守る大切なしくみです。それがどうしてある時は病気をおこしてしまうのでしょうか。どうして特定の人にだけおきるのでしょうか。おきるかおきないかは遺伝的な体質だけなのでしょうか、それとも環境とか他の要因も関係しているのでしょうか。そのあたりを解説しているのが本書です。また七章以降では、実際にアレルギーをおこす要因、食べ物から花粉や乾燥した空気などさまざまな環境因子、精神的なストレスなどについても解説しています。また原因を特定するための診断法や、治療法についても紹介しています。

目次

1章 アレルギーとは
2章 免疫のしくみ
3章 アレルギーをおこす抗体
4章 IgEによらないアレルギー
5章 どうして一部の人しかアレルギーにならないのか
6章 どうしてあるとき突然発病するのか
7章 どうして症状が出るときと出ないときとがあるのか
8章 アレルギーをおこしやすくする環境要因
9章 アレルギーによらないアレルギー
10章 病気とアレルゲン
11章 犯人探しの方法
12章 アレルギーの治療
13章 アトピーについて

著者紹介

矢田 純一 (ヤタ ジュンイチ)  
1934年東京生まれ。1959年東京大学医学部卒業。1964年東京大学大学院博士課程修了(医博)。1976年東邦大学医学部小児科教授。1978年東京医科歯科大学医学部小児科教授。2000年東京医科歯科大学名誉教授、実践女子大学生活科学部教授。主著に「医系免疫学」(中外医学社)。「アレルギー」〔岩波新書〕(岩波書店)。「図説生物科学講座 免疫学」(朝倉書店)。「リンパ球の免疫生物学」(中外医学社)。「免疫の細胞生物学」(中外医学社)。「初学者のための免疫学問答」(中外医学社)。「免疫―からだを護る不思議なしくみ」(東京化学同人)。「アレルギーの話」〔岩波新書〕(岩波書店)。「Tリンパ球とBリンパ球」(中外医学者)。「わかりやすい免疫学」(メジカルトリビューン社)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)