• 本

家の中の化学あれこれ

ポピュラーサイエンス 234

出版社名 裳華房
出版年月 2001年7月
ISBNコード 978-4-7853-8734-1
4-7853-8734-3
税込価格 1,728円
頁数・縦 178P 19cm

商品内容

要旨

われわれは毎日、多種多様な化学物質とそれらの変化(化学反応)の恩恵を受けながら暮らしています。暮らしに必要なそれら物質は、そのほとんどが化学(科学)の力によってつくりだされています。つまり、化学物質そのものをつくるための資源、つくるためのエネルギーとそのための資源、そして新しい技術(力)などです。その基礎はいうまでもなく、化学という学問です。本書では、1日に家の中で出会う化学物質がどのような形で暮らしに役立っているか、あるいは、どのような化学現象(物質の変化、反応)に基づいて暮らしが成り立っているかなどを示したものです。

目次

第1章 自然の恵みの巻(空気の化学
水の化学)
第2章 キッチンの巻(食材(食品)の化学
燃料の化学)
第3章 洗浄の巻(セッケンと洗剤の化学
漂白剤の化学)
第4章 おしゃれの巻(ファッション素材(繊維)の化学
美容院での化学
化粧品の科学
アクセサリーの科学)
第5章 趣味の巻(色の化学
香りの化学)

目録情報

一日に家の中で出会う,たくさんの化学物質・化学現象を知って,楽しい生活のヒントに。(生活・健康・栄養図書総目録より)

著者紹介

増井 幸夫 (マスイ ユキオ)  
1957年大阪市立大学理学部化学科卒業。1962年大阪府科学教育センター化学教室研究員、化学教室室長、部長を歴任。1993年関西女子短期大学教授(教務部長、学科長を歴任)。2001年関西女子短期大学退職。1998年〜2001年大阪教育大学非常勤講師を兼務。その他、学習指導要領改訂作成委員(文部省)、化学教育振興専門委員(日本化学会)、「化学と教育」誌編集委員(日本化学会)他。専門分野は天然物有機化学、化学教育(理学博士)
谷本 幸子 (タニモト サチコ)  
1979年奈良女子大学理学部化学科卒業。1981年奈良女子大学大学院理学研究科化学専攻修士課程終了。1981年大阪府立岸和田高等学校教諭。1991年四天王寺高等学校教諭、現在に至る。専門分野は化学教育(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)