• 本

発酵食品への招待 食文明から新展開まで

新版

ポピュラーサイエンス 249

出版社名 裳華房
出版年月 2002年10月
ISBNコード 978-4-7853-8749-5
4-7853-8749-1
税込価格 1,650円
頁数・縦 212P 19cm
シリーズ名 発酵食品への招待

商品内容

目次

1章 食と人間
2章 文明を刻む発酵食品
3章 チーズからの発想
4章 パンからの発想
5章 ワインからの発想
6章 酢からの発想
7章 麹菌からの発想
8章 酒類からの発想
9章 醤油、味噌からの発想
10章 発酵茶からの発想

出版社
商品紹介

健康と長寿の元として注目される発酵食品を生んだ背景や、製法などを解説。今回の新版では酒・醤油と味噌・茶の機能性について加筆。

著者紹介

一島 英治 (イチシマ エイジ)  
1934年富山県に生まれ、東京で育つ。1957年東京農工大学農学部農芸化学科卒業。現在、東北大学名誉教授、東京農工大学名誉教授、創価大学工学部教授(酵素化学・酵素工学担当)・農学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)