• 本

われらの有人宇宙船 日本独自の宇宙輸送システム「ふじ」

ポピュラーサイエンス 258

出版社名 裳華房
出版年月 2003年9月
ISBNコード 978-4-7853-8758-7
4-7853-8758-0
税込価格 1,728円
頁数・縦 177P 19cm

商品内容

要旨

日本人が自分の手で自分のための宇宙船をつくるための指針をやさしく解説。まず、「ふじ」構想について、そして有人宇宙飛行の歴史をたどりつつ、スペースシャトルに代表される再利用型有人宇宙輸送システムの問題点を検証し、今後、日本がどうするべきかを考えていく。

目次

第1章 日本独自の有人宇宙船構想「ふじ」
第2章 有人宇宙船ア・ラ・カルト―宇宙飛行の歴史
第3章 カプセル型宇宙船に新たな展開を―さまざまな技術で問題点を克服
第4章 スペースシャトル、その高コスト構造
第5章 ロケット・エンジンの限界―届かない完全再利用型の夢
第6章 大気中の酸素を使え―スペースプレーンは希望になるか
第7章 多段式完全再利用型の可能性について、そして結論
第8章 宇宙ステーションと「ふじ」
第9章 宇宙を巡る産業構造
第10章 オープンアーキテクチャーで産業活性化を
第11章 われらの政府と宇宙に行くための投資システム

出版社
商品紹介

一般の人が宇宙に行くことを目指した「ふじ」の概略の紹介し、再利用型宇宙船の問題点を検証して今後の宇宙開発のあり方を考える。

著者紹介

松浦 晋也 (マツウラ シンヤ)  
1962年東京都に生まれる。慶応義塾大学理工学部卒業、同大学大学院メディア・政策研究科修了。「日経エアロスペース」等の記者を経て、現在科学技術ジャーナリスト、宇宙作家クラブ会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)