• 本

環境中の化学物質と健康

ポピュラー・サイエンス 277

出版社名 裳華房
出版年月 2006年11月
ISBNコード 978-4-7853-8777-8
4-7853-8777-7
税込価格 1,760円
頁数・縦 168P 19cm

商品内容

目次

第1章 化学物質の歴史を考える
第2章 重金属の有害作用―環境汚染物質の温故知新
第3章 内分泌撹乱化学物質を考える
第4章 ダイオキシンの毒性について知られていること
第5章 ダイオキシン類の毒性メカニズム研究から何がわかったか
第6章 化学物質がホルモンに及ぼす作用
第7章 POPs(残留性有機汚染物質)
第8章 環境中にはどのような化学物質が排出されているか
第9章 環境からの化学物質の曝露―その有害作用を明らかにする
第10章 生物による環境測定

著者紹介

青木 康展 (アオキ ヤスノブ)  
1954年埼玉県に生まれる。1977年東京大学薬学部卒業。1982年東京大学大学院薬学系研究科博士課程修了。1982年国立公害研究所(現・独立行政法人国立環境研究所)研究員。1988年米国メリーランド大学毒性学プログラム研究員(1989年まで)。2001年千葉大学大学院薬学研究院連携教授。2006年国立環境研究所環境リスク研究センター室長。現在、国立環境研究所客員研究員、薬学博士。専門分野は毒性学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)