• 本

日本ローカル放送史 「放送のローカリティ」の理念と現実

出版社名 青弓社
出版年月 2021年8月
ISBNコード 978-4-7872-3493-3
4-7872-3493-5
税込価格 3,300円
頁数・縦 375P 22cm

商品内容

要旨

戦前のラジオ放送から戦後のテレビの登場、ローカルテレビ局の開局と系列化、BSデジタル放送の開始、地上デジタル放送への移行という歴史をローカル放送の制度・組織・番組という視点から検証して、放送のローカリティの理念と実態が乖離してきた実情を明らかにする。

目次

第1章 放送のローカリティへのアプローチ
第2章 戦前・戦中期の放送のローカリティ
第3章 日本型の放送のローカリティの形成
第4章 日本型の放送のローカリティの変容
第5章 県域免許をめぐる放送の従属と独立
第6章 制度・組織・番組
第7章 三つの放送のローカリティ

出版社・メーカーコメント

地域性や各地の文化・風土を重視するテレビやラジオのあり方を指す「放送のローカリティ」は、放送と民主主義の関係を支える重要な理念として参照されてきた。 一方で、戦前から通底する行政手法、地方紙や自治体を中心にした戦後の運営主体、中央集権的な(キー局中心的な)放送ネットワークなどにより、放送と地域の関係は常にきしみも見せてきた。 戦前のラジオ放送から戦後のテレビの登場、ローカルテレビ局の開局と系列化、BSデジタル放送の開始、地上デジタル放送の移行という歴史をローカル放送の制度・組織・番組という視点から検証して、放送のローカリティの理念と実態が乖離してきた実情を明らかにする。 多くの史料を渉猟し関係者にインタビューをして、放送と地域の近・現代史を実証的に描き、今後のローカル放送のあり方を指し示す。

著者紹介

樋口 喜昭 (ヒグチ ヨシアキ)  
1971年、カナダ・エドモントン生まれ(宮城県仙台市出身)。早稲田大学大学院政治学研究科博士後期課程修了。博士(ジャーナリズム)。東海大学文化社会学部広報メディア学科特任教授、タルタルビジョン代表取締役。専攻は放送史、メディア技術、映像制作(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)