• 本

蘇れ古代出雲よ 出雲王朝は鉄の故郷・三刀屋にあった

出版社名 新泉社
出版年月 2005年10月
ISBNコード 978-4-7877-0515-0
4-7877-0515-6
税込価格 1,980円
頁数・縦 237P 19cm

商品内容

要旨

“天下つくらしし大神の御門ここに在り”。「出雲国風土記」は、雲南市・三刀屋の郷をして、こう記している。この「出雲王朝三刀屋説」をもとに、深遠なる古代出雲史を掘りおこし、鉄と農耕に生きた古代出雲族の世界を蘇らせる。

目次

1 故郷、出雲へ(砂の記憶
胸騒ぎ
出雲王朝
御門の里めぐり ほか)
2 再びの古代出雲(わが一族は鍛冶屋なり
御門と鉄の残映
みとやっ子
「出会いの里・御門火まつり」 ほか)

著者紹介

石飛 仁 (イシトビ ジン)  
本名・樋口仁一。1942年8月生まれ。島根県飯石郡三刀屋町・給下三刀屋一宮小学校出身・東京新宿区立富久小学校6年時に転校卒業。東戸山中学校(一期生)、駒沢大学高校から駒沢大学国文科卒業。劇団「青俳」演出部所属。劇団「現代人劇場」結成に参加。1970年退団後、ルポライター。1972年より光文社「女性自身」シリーズ人間班専属記者として30年間所属。ライフワーク「花岡事件」戦後未処理問題に取り組む。1984年から「事実の劇場・劇団不死鳥」を結成、演出・構成を手がける。現在、東京東アジア文化交流会代表、日本写真芸術専門学校講師、フリーライター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)