• 本

経験の社会学

出版社名 新泉社
出版年月 2011年2月
ISBNコード 978-4-7877-1010-9
4-7877-1010-9
税込価格 3,080円
頁数・縦 288,12P 21cm

商品内容

要旨

「社会的排除」と「社会の解体」を生きる。我々の経験と主体性をリアルに描き出す。

目次

序論
第1章 行為者はシステムである
第2章 古典的モデルの変容
第3章 社会的経験と行為
第4章 社会的経験からシステムへ
第5章 行為者のワーク
第6章 社会学者と行為者の間
結論

著者紹介

山下 雅之 (ヤマシタ マサユキ)  
京都大学大学院文学研究科博士課程修了。パリ第4大学社会学博士。現在、近畿大学文芸学部教授。専門領域は社会学理論
濱西 栄司 (ハマニシ エイジ)  
京都大学大学院文学研究科博士課程修了。京都大学文学博士。現在、京都大学非常勤講師、国際社会学会RC47理事(secretary)。専門領域は社会運動論、社会学理論
森田 次朗 (モリタ ジロウ)  
京都大学大学院文学研究科社会学専修修士課程修了。現在、京都大学大学院文学研究科社会学専修博士後期課程在籍。専門領域は教育社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)