• 本

歌は分断を越えて 在日コリアン二世のソプラノ歌手・金桂仙

阪南大学叢書 112

出版社名 新泉社
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-7877-1906-5
4-7877-1906-8
税込価格 2,052円
頁数・縦 247P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

「歌で“故郷”を届けたいと願っています」。妻として、母として、嫁として。若き日に歌の道を諦め、48歳で音楽大学に入学して再生した在日女性のライフヒストリー。

目次

序章 ハングル・ウィンター・コンサートの会場で
第1章 在日コリアン二世の女性として
第2章 日本と朝鮮半島の歴史のはざまで
第3章 音楽大学で迎えた人生の第2幕
第4章 揺れる日本社会で―在日の子弟への思い
第5章 韓国・慶州「ナザレ園」への旅―残留日本人妻に届ける「故郷の歌」
第6章 神戸・長田の老人ホーム「故郷の家」―ともに分かち合える歌を

著者紹介

坪井 兵輔 (ツボイ ヒョウスケ)  
1971年大阪府生まれ。阪南大学国際コミュニケーション学部准教授(ジャーナリズム論)。慶応義塾大学経済学部卒業後、MBS毎日放送に入社。記者およびディレクターとして、テレビ・ラジオで報道番組の制作を担当。同社ベルリン支局特派員、TV報道局ドキュメンタリー専属ディレクター等を務め、2017年より現職。主なTVドキュメンタリー作品に『家族づくり―子どもたちと里親の一年』(毎日放送、地方の時代映像祭優秀賞)、『知られざる最前線―神戸が担ってきた“日米同盟”』(毎日放送、坂田記念ジャーナリズム賞特別賞)、『見えない基地―京丹後・米軍レーダー基地計画を追う』(毎日放送、ギャラクシー賞奨励賞)ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)