• 本

縄文漆工芸のアトリエ押出遺跡

シリーズ「遺跡を学ぶ」 133

出版社名 新泉社
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-7877-1933-1
4-7877-1933-5
税込価格 1,728円
頁数・縦 93P 21cm

商品内容

要旨

赤い漆を塗ったうえに黒漆でしっかりと渦巻が描かれた彩漆土器。こうしたみごとな彩漆土器の完形品が八点も出土した押出遺跡とは、縄文時代、どんな場所だったのか。山形県南部、米沢盆地の北東部に位置する低湿地「大谷地(おおやち)」の一角から、新たな縄文集落像を追究する。

目次

第1章 低湿地の縄文遺跡(大谷地と白竜湖
押出遺跡とは ほか)
第2章 盛土の謎(平地住居の集落?
平地住居への疑問 ほか)
第3章 彩漆土器の世界(彩漆土器とは何か?
あらたな発見 ほか)
第4章 作業場の光景(土器による煮炊きと縄文クッキー
さまざまな石器 ほか)
第5章 押出集落の全体像(自然環境の復元
住居はどこに ほか)

著者紹介

水戸部 秀樹 (ミトベ ヒデキ)  
1974年、山形県生まれ。東洋大学文学部史学科国史専攻卒業。現在、公益財団法人山形県埋蔵文化財センター専門調査研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)