• 本

責任と償い 慰安婦・強制連行 日本の戦後補償への国際法と国連の対応

出版社名 新泉社
出版年月 1993年5月
ISBNコード 978-4-7877-9304-1
4-7877-9304-7
税込価格 2,200円
頁数・縦 309P 19cm

商品内容

要旨

国連を中心とした国際社会での批判を収録し、世界的にみてその犯罪・被害の質はなにか、いま日本はどう責任をとるべきなのかがよくわかるはじめての書。

目次

1 「従軍慰安婦・強制連行問題」解決への道
2 国際法から「従軍慰安婦・強制連行問題」を問う
3 重大人権侵害の被害者への償い
4 ユス・コーゲンス―人権法を強制する
5 「資料」国連が審議した「従軍慰安婦・強制連行問題」