• 本

協働するカウンセリングと心理療法 文化とナラティヴをめぐる臨床実践テキスト

出版社名 新曜社
出版年月 2021年12月
ISBNコード 978-4-7885-1744-8
4-7885-1744-2
税込価格 6,820円
頁数・縦 610P 22cm

商品内容

要旨

「問題」を矯正する一方向的な営みから、クライエントの知識と能力を最大限活用する、異文化間の協働作業へ。カウンセリングは文化的実践であり、クライエントは文化的存在である―多くの教科書は、いまだに1970年代以前に生まれた個人主義の考え方に基づいているが、現代世界の課題に対処するには、関係と文脈に基づくアイデアや方法が必須。クライエントに変化を生み出せるよう積極的にかかわっていく、新しい対人援助の姿勢と技を、支援過程の実際に即して懇切に解説。

目次

第1部 実践のための準備(文化・カウンセリング・ケア
治療的会話)
第2部 協働に向けての基礎づくり(受け止めと傾聴
関係を築く)
第3部 クライエントの経験をマッピングする(意味の受けとりと読みとり
意味に応答し、意味を確認する)
第4部 課題・望み・機会をアセスメントする(問題と望みを定義して描き出す
アセスメント1―課題と能力を評価する ほか)
第5部 変化を促進する(協働に基づく影響―望む結果に向けた達成可能な目標へ
クライエントの行動に取り組む ほか)

著者紹介

パレ,デヴィッド (パレ,デヴィッド)   Par´e,David A.
オタワ大学(University of Ottawa)教育学部教授。カウンセリングと心理療法を教えている。また、認定カウンセリングサイコロジストであり、オタワにある建設的協働実践センター「グリーブ協会(the Glebe Institute)」の会長も務めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)