• 本

本屋という仕事

出版社名 世界思想社
出版年月 2022年6月
ISBNコード 978-4-7907-1770-6
4-7907-1770-4
税込価格 1,870円
頁数・縦 215P 19cm

商品内容

要旨

“本屋は焚き火である”人はなぜ本屋をたずねるのか?本屋が生み出す新しい価値とは?18人の書店員が語る本屋の仕事。

目次

序 本屋は焚き火である
第1部 火を熾す―本屋のない場所に本への扉をつくる
鼎談1 完璧な本(辻山良雄×堀部篤史×黒田義隆 司会・構成・追記:北村知之)
第2部 薪をくべる―日々の仕事から新しい価値がうまれる
鼎談2 あなたのための本(磯上竜也×長江貴士×鎌田裕樹 司会・構成・追記:北田博充)
第3部 火を焚き続けるために―本屋の仕事を拡張する

著者紹介

三砂 慶明 (ミサゴ ヨシアキ)  
1982年、兵庫県生まれ。本と人とをつなぐ「読書室」主宰。梅田蔦屋書店人文コンシェルジュ。大学卒業後、株式会社工作社などを経て、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社入社。梅田蔦屋書店の立ち上げから参加。これまでの主な仕事に同書店での選書企画「読書の学校」やNHK文化センター京都教室での読書講座などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)