• 本

贈与論 資本主義を突き抜けるための哲学

出版社名 青土社
出版年月 2019年9月
ISBNコード 978-4-7917-7213-1
4-7917-7213-X
税込価格 3,080円
頁数・縦 335,3P 19cm

商品内容

要旨

人間、動物、自然をふくめた世界を互酬的ではない贈与の視点から捉え直すとき、交換や資本の論理にからめとられた世界から解放されるだろう。「ただ与える」の思想が、これまでにない関係性の未来を提示してくれる。

目次

贈与のアクチュアリティ
贈与にはお返しを!―マルセル・モース(1)
理想と危険―マルセル・モース(2)
ワインとインセスト―クロード・レヴィ=ストロース(1)
クリスマスとハロウィン―クロード・レヴィ=ストロース(2)
贈与のスカトロジー―ジョルジュ・バタイユ(1)
太陽による贈与―ジョルジュ・バタイユ(2)
愛の狂気―シモーヌ・ヴェイユ
贈与は贈与でない!?―ジャック・デリダ(1)
死の贈与―ジャック・デリダ(2)
贈与を哲学すると?―ジャン=リュック・マリオン(1)
贈与としての愛―ジャン=リュック・マリオン(2)
結論にかえて
『借りの哲学』補完計画

著者紹介

岩野 卓司 (イワノ タクジ)  
パリ第4大学哲学科博士課程修了。現在、明治大学大学院教養デザイン研究科長・教授。専門は思想史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)