• 本

映画への不実なる誘い 国籍・演出・歴史

増補新版

出版社名 青土社
出版年月 2020年3月
ISBNコード 978-4-7917-7258-2
4-7917-7258-X
税込価格 2,420円
頁数・縦 211P 19cm
シリーズ名 映画への不実なる誘い

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

戦争の時代でもあった20世紀を、映画の時代として擁護し、その魅力を分析する。現代の映像文化に確かな視線を送るために。

目次

第1章 映画における国籍(国籍という概念、その脆さ
「日本映画」の揺らぎ
成瀬巳喜男『鶴八鶴次郎』における翻案 ほか)
第2章 映画における演出(映画は「男と女と階段」で成立する
単純なショットの組み合わせ
階段の意味するもの ほか)
第3章 映画における歴史(ゴダールの『映画史』―女性たちへの視線
『映画史』の断片を持続によって回復する試み
ゴダールとミュージカル ほか)
映画をめぐる自由と拘束―この不条理への信仰

著者紹介

蓮實 重〓 (ハスミ シゲヒコ)  
映画評論家/フランス文学者。1936年東京生まれ。1960年東京大学仏文学科卒業。1965年パリ大学大学院より博士号取得。1988年より東京大学教養学部教授。1997年より2001年まで東京大学総長。1999年フランス政府「芸術文化勲章」を受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)