• 本

私たちはどこにいるのか? 政治としてのエピデミック

出版社名 青土社
出版年月 2021年3月
ISBNコード 978-4-7917-7361-9
4-7917-7361-6
税込価格 2,200円
頁数・縦 239P 19cm

商品内容

要旨

コロナ時代に書き記された、抵抗の書。

目次

エピデミックの発明
感染
説明
私たちはどこにいるのか?
ペストに関する省察
エピデミックは例外状態が規則となったことを示している
社会的距離確保
一つの問い
剥き出しの生
新たな省察をいくつか
真と偽について
宗教としての医学
バイオセキュリティと政治
ポレモス・エピデーミオス
学生たちに捧げるレクイエム
汚らわしい二つの用語
法権利と生
緊急状態と例外状態
恐怖とは何か?

著者紹介

アガンベン,ジョルジョ (アガンベン,ジョルジョ)   Agamben,Giorgio
1942年生まれ。美学・言語哲学から出発し、現在政治哲学を中心に著作を発表している
高桑 和巳 (タカクワ カズミ)  
1972年生まれ。慶應義塾大学理工学部教授。専門はイタリア・フランス現代思想(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)