• 本

日本の気配

出版社名 晶文社
出版年月 2018年4月
ISBNコード 978-4-7949-6994-1
4-7949-6994-5
税込価格 1,728円
頁数・縦 291P 19cm

商品内容

要旨

「空気」が支配する国から、「気配」で自爆する国へ。一億総忖度社会の日本を覆う、危険な「気配」を追うフィールドワーク。

目次

第1章 空気と気配(ヘイトの萌芽
「われわれ」とは誰なのですか ほか)
第2章 政治の気配(胸に刻み続ける“官設”話法
「他よりマシ」と付き合う ほか)
第3章 愚者と巧者(「誤解」と言わせないための稲田朋美入門
小池百合子のテレビ活用法 ほか)
第4章 隷従する私たち(予測された混迷―ただ解体が進んだ国立競技場
地方創生と原発広告 ほか)
第5章 強いられるコミュニケーション(駅長の言葉に歯向かう
訃報をこなす感じ ほか)

著者紹介

武田 砂鉄 (タケダ サテツ)  
1982年東京都生まれ。出版社勤務を経て、2014年秋よりフリーライターに。著書に『紋切型社会―言葉で固まる現代を解きほぐす』(朝日出版社、第25回Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)