• 本

母をなくして 戯曲

出版社名 東信堂
出版年月 2021年4月
ISBNコード 978-4-7989-1697-2
4-7989-1697-8
税込価格 1,650円
頁数・縦 133P 20cm

商品内容

要旨

街の小さな食堂でアルバイトとして働くうら若い女性は、春には中学三年になるという冬に母をなくし、以来、妹二人と父との家庭を整える主婦代わりをしてきた。高校を卒業して三度めの五月、声をかけてきた大学生がいた。ちょっとした偶然の重なりがもたらす死。幾つかの些細とも言える状況によって選択し、迷いながらも生きてゆく人々。どこにでもある若者の恋。市井の人々を慈しむ眼差しがここにある。

著者紹介

松永 澄夫 (マツナガ スミオ)  
1947年生まれ。東京大学名誉教授。哲学を創造する年刊誌『ひとおもい』編集委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)