• 本

叔母の肉体は僕のモノ 書き下ろし長編官能小説

竹書房ラブロマン文庫 よ1−18

出版社名 竹書房
出版年月 2015年5月
ISBNコード 978-4-8019-0307-4
4-8019-0307-X
税込価格 704円
頁数・縦 261P 15cm

商品内容

要旨

叔母の涼香の家に居候している大学生の江川拓巳は、艶やかな涼香の魅力に戸惑ってしまう平凡な青年。ただ一つ拓巳が常人と違うのは、マゾの女性を責め悦ばせる天性のテクニックを持っていることだった―。SMから足を洗いたい拓巳だったが、バイト先で、大学内で、マゾっ気を持つ今日子や美紅たちと惹かれあい、欲望を抑えきれずに淫靡なプレイに耽ってしまう。そんな拓巳に、姉のように慕ってきた涼香もまた、縛られ責められたいという欲情を抱くのだった。拓巳と涼香はSMと近親相姦、ふたつの背徳を受け入れて結ばれることが出来るのか。鬼才が描く艶やかSMハーレムロマン!

おすすめコメント

人気作家“美野 晶”書き下ろし!

著者紹介

美野 晶 (ヨシノ アキラ)  
1968年生まれ。サラリーマン生活のかたわら小説の持ち込みを続け、『人妻恋慕―誘惑のフルコース』(竹書房刊)にて長編官能小説デビューを飾る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)