• 本

とろめき商店街 長編小説

竹書房文庫 は3−6

出版社名 竹書房
出版年月 2016年6月
ISBNコード 978-4-8019-0730-0
4-8019-0730-X
税込価格 704円
頁数・縦 287P 15cm

商品内容

要旨

三十の独身男である轟大輔は、下町の商店街でお好み焼き屋兼駄菓子屋の「とどろき屋」を営んでいる。短気だけど人情家の大輔は商店街の有名人だが、惚れっぽくて振られてばかりいる。ある日、高校時代にマドンナだった遙香が、離婚して実家に帰ってきていることを聞き、大輔の胸は高鳴る。そんな彼の気持ちを知ってか知らずか、遙香はたびたび「とどろき屋」を訪れ、遂には「大輔と一緒になれば良かったかな」と言って、艶めく身体を預けてくるのだった!?レトロな商店街にわけありの美女が集う…ほっこり癒しの下町官能ロマン!

著者紹介

葉月 奏太 (ハズキ ソウタ)  
昭和44年、神奈川県横浜生まれ。平成23年『蜜会濡れる未亡人』(竹書房)で長編デビュー。平成26年に『二階堂家の兄嫁』(双葉社)で「21世紀最強の官能小説大賞」優秀賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)