• 本

とろめき未亡人喫茶 長編小説

竹書房文庫 は3−14

出版社名 竹書房
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-8019-1464-3
4-8019-1464-0
税込価格 715円
頁数・縦 284P 15cm

商品内容

要旨

「ああ、やっぱり素敵だ…」23歳のサラリーマン・吉岡貴志は、近所の喫茶店の店主・藤川優梨子に熱い眼差しを向けていた。優梨子は2年前に夫を亡くした三十路の未亡人。淑やかで美しい優梨子に想いを寄せて店に通っているが、奥手で童貞の貴志にとって彼女は高嶺の花で、ただ見つめているだけだった。そんな貴志だったが、喫茶店で働く人妻に筆下ろしをしてもらい、さらに優梨子の秘密の姿を目撃し、憧れの未亡人へ想いをぶつけようと決意する…!年上美女に焦がれる青年を描いた、魅惑の青春熟恋エロス。

著者紹介

葉月 奏太 (ハズキ ソウタ)  
昭和44年、神奈川県横浜生まれ。平成23年『蜜会濡れる未亡人』(竹書房)で長編デビュー。平成26年に『二階堂家の兄嫁』(双葉社)で「21世紀最強の官能小説大賞」優秀賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)