• 本

人妻刑事(でか) 長編小説

竹書房文庫 た6−8

出版社名 竹書房
出版年月 2018年8月
ISBNコード 978-4-8019-1547-3
4-8019-1547-7
税込価格 715円
頁数・縦 281P 15cm

商品内容

要旨

従来の警察のやり方に歯痒さを感じていた公安委員長の鍋島は、自らの資産を投じて私設捜査官を組織する。選ばれたのは、結婚を機に退職していた元警視庁捜査一課の高宮沙樹と元S県警生活安全部の千草真帆。クール系の沙樹と癒し系の真帆、タイプは違うが、ともに美熟の三十路妻だった。鍋島から「人妻刑事」と名付けられた二人は、成熟した色気を武器に事件を解決していくが、売春組織に潜入した際、沙樹が捕らわれてしまい窮地に…!エロスとアクションが炸裂する娯楽度満点の警察官能小説。

著者紹介

橘 真児 (タチバナ シンジ)  
昭和39年、新潟県出身。教員をしながら平成8年に官能作家デビュー、平成15年に専業作家となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)