• 本

孤島の蜜嫁 長編小説

竹書房文庫 き4−6

出版社名 竹書房
出版年月 2018年8月
ISBNコード 978-4-8019-1581-7
4-8019-1581-7
税込価格 715円
頁数・縦 274P 15cm

商品内容

要旨

59歳の吉岡隆一郎は喘息の療養のため、瀬戸内海のS島に、息子の嫁の奈央と滞在していた。奈央は、独り身の義父を心配し付き添ってくれているのだが、二人きりの生活を送るうち、隆一郎は美しい嫁への欲望が抑え切れなくなる。そしてある夜、隆一郎は奈央に迫り、義父と嫁は禁断の交わりに溺れていく。だが、二人が快楽を貪る寝室に、突然見知らぬ男が入ってくる。男は山沖という名の脱獄囚で、自分を匿えと隆一郎を脅す。さらに山沖は艶めく奈央に欲望を高まらせて…!孤島を舞台に淫惑の三角関係が展開する禁断エロス新境地。

著者紹介

霧原 一輝 (キリハラ カズキ)  
昭和28年、愛知県名古屋のベッドタウンで生まれる。高校時代に学生運動の洗礼を受ける。早稲田大学文学部に入学後、演劇活動に邁進。平成18年に『恋鎖』(双葉社)で霧原一輝としてデビューし、次々と作品を発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)