• 本

稲川淳二の怪談冬フェス 幽宴二〇一八

竹書房文庫 HO−370

出版社名 竹書房
出版年月 2019年1月
ISBNコード 978-4-8019-1706-4
4-8019-1706-2
税込価格 702円
頁数・縦 223P 15cm

商品内容

要旨

「稲川淳二の怪談冬フェス〜幽宴〜」がさる2018年11月24日羽田空港国際線ターミナル内にある「ティアットスカイホール」で開催。イベントの目玉として最も怖い怪談語りを決める「怪談最恐戦」最終決戦が繰り広げられた。その地方予選大会を含む、最恐戦での熱い戦いとなった怪談を纏めて掲載。あわせて、最高顧問稲川淳二の初期の傑作「さまよう人形」と、怪談最恐戦・投稿部門として公募した「最恐戦マンスリーコンテスト」より優秀作を収録した一冊。

目次

横で寝ている彼女(あみ)
クラブの女(響/洋平)
記憶(山口/綾子)
白い鳥居(伊山/亮吉)
つかまれる(いたこ28号)
サービスエリアの老婆(松原/タニシ)
エントランスの男(伊山/亮吉)
Kトンネル(山口/綾子)
連れて行かれたトンネル(響/洋平)
事故物件一軒目(松原/タニシ)〔ほか〕

著者紹介

稲川 淳二 (イナガワ ジュンジ)  
1947年渋谷区恵比寿生まれ。タレント・工業デザイナー・怪談家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)