• 本

人生9回裏の戦い方

出版社名 竹書房
出版年月 2019年11月
ISBNコード 978-4-8019-2070-5
4-8019-2070-5
税込価格 1,980円
頁数・縦 222P 19cm

商品内容

要旨

団塊の世代へ捧ぐ。死を覚悟したガン宣告から見つけた、「サヨナラ」の場面を、楽しむ方法。

目次

第1章 死は恐くない(ガンで“死”を覚悟する
逆境のときこそ「あきらめる」 ほか)
第2章 「捨てる神」あれば「拾う神」あり(松坂世代を超える「団塊世代」=「自分世代」
「おれが、おれが」ゆえに監督には向かない ほか)
第3章 人生はトントンでいい(「人生トントン」で気持ちが楽になる
マスコミ界の大恩人・深澤弘アナウンサー ほか)
第4章 粋な老い方(「歳を取る=醜くなる」という事実を受け入れる
佇まいに憧れた別当薫 ほか)
第5章 人生の幕を下ろすとき(「感性が鈍ったとき」が解説者の辞めどき
朝、鏡を見ることから一日が始まる ほか)

著者紹介

江本 孟紀 (エモト タケノリ)  
1947年7月22日生。高知県出身。高知商から法政大、熊谷組に進み、1970年東映にプロ入り。その後、南海、阪神でプレーし、いずれの球団でもエースとして活躍した。引退後も、そのスマートな風貌と歯に衣着せぬ発言で人気を博し、メディアで活躍する一方、1992年には衆議院議員に初当選し、政界入り。スポーツの普及活動や教育問題などに奔走し、2001年には参議院の初代内閣委員長に就任するなど要職に就いた。現在は、野球解説、講演会、執筆活動、野球界の底辺拡大等に力を注いでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)