• 本

とろめく白肌 港町の美女 長編小説 新装版

竹書房文庫 き4−11

出版社名 竹書房
出版年月 2019年11月
ISBNコード 978-4-8019-2075-0
4-8019-2075-6
税込価格 726円
頁数・縦 298P 15cm
シリーズ名 とろめく白肌

商品内容

要旨

49歳のマッサージ師・尾崎周一郎は、妻と離婚し、独り身の境遇。ある日、思い立ってあてのない一人旅に出ると、ふらり乗った列車で優美な三十路の女と知り合う。彼女の名は村井由希子。北陸の漁村で民宿を営んでおり、誘われた周一郎は、彼女の民宿へ向かう。そして宿も土地も気に入り、しばらく逗留することに。滞在中、由希子に惹かれていく周一郎だが、手は出せない。一方で、漁師の妻や海女たちから誘惑され、めくるめく体験を味わい、さらに由希子の秘密を聞かされて…!?日本海の荒波が打ち寄せる小さな港町を舞台に描く、旅情エロスの逸品!

著者紹介

霧原 一輝 (キリハラ カズキ)  
1953年、愛知県名古屋のベッドタウンで生まれる。早稲田大学文学部に入学後、演劇活動に邁進。2006年に『恋鎖』(双葉社)で霧原一輝としてデビューし、次々と作品を発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)