• 本

金メダリストの条件 超一流の心技体の作り方

出版社名 竹書房
出版年月 2020年5月
ISBNコード 978-4-8019-2235-8
4-8019-2235-X
税込価格 2,200円
頁数・縦 279P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

東京五輪に、商業化した名ばかりの平和の祭典と、もの申す。“金”に走るアスリートを斬り、真に強くなりたい選手たちに、人間本来のしなやかな心身を育む方法を伝授する。

目次

第1章 超一流の潜在力の引き出し方(「人間本来の動き」には力みがない
「安全圏」の外に出て体を動かす意味 ほか)
第2章 超一流の体の使い方(つかもうとせず、触れるくらいの感覚が一番いい
ウサイン・ボルトは脱力しているから速い ほか)
第3章 超一流の勝負の仕方(あえて不利な型から始めると力が伸びる
勝ちに繋がるいい間合いとは? ほか)
第4章 超一流の心の整え方(イチローや内村航平には「全体を捉える感覚」がある
停滞期は目標が近くまで来ているサイン ほか)
第5章 記憶に残るメダリストの言葉を読み解く(高橋尚子
有森裕子 ほか)

著者紹介

桜井 章一 (サクライ ショウイチ)  
東京都生まれ。昭和30年代から、麻雀の裏プロの世界で勝負師としての才能を発揮。“代打ち”として20年間無敗の伝説を築き、“雀鬼”と呼ばれる。現役引退後は麻雀を通した人間形成を目的とする雀鬼会を主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)