• 本

甲子園強豪校の880日トレーニング論

出版社名 竹書房
出版年月 2020年6月
ISBNコード 978-4-8019-2269-3
4-8019-2269-4
税込価格 1,980円
頁数・縦 255P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

1.柔軟性向上。2.筋力強化・体幹強化。3.スピード強化。2年半という限られた時間で、チームの勝利と障害予防を両立。トレーニング三本柱で、強靱な高校球児の身体を作る。

目次

第1章 880日を極める
第2章 柔軟性を極める
第3章 体幹を極める
第4章 ウエイトトレーニングを極める
第5章 スピードを極める
第6章 コンディショニングを極める

著者紹介

塚原 謙太郎 (ツカハラ ケンタロウ)  
1974年生まれ。都立淵江高校から投手として東北福祉大、日本生命と名門の道を歩む。現役引退後は専門学校で学び、アスレティックトレーナーの道を志す。プロのアスレティックトレーナーとなってから、健大高崎では野球部創部当初から指導に携わり甲子園常連校へと導いた。2017年にはサポート校の花咲徳栄が甲子園初制覇。全日程、甲子園に帯同して選手のコンディション作りを支えた。この2校以外にも、城西大城西(東京)、大手前高松(香川)、立正大淞南(島根)、富士見(埼玉)など、全国で複数校のトレーニングを受け持っている。日本アスレティック医科学協会ストレングストレーナー。文部科学大臣認定アスレティックトレーナー。合同会社フィジカルパフォーマンス代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)