• 本

みだら海の家 長編小説

竹書房文庫 む2−18

出版社名 竹書房
出版年月 2020年6月
ISBNコード 978-4-8019-2288-4
4-8019-2288-0
税込価格 726円
頁数・縦 250P 15cm

商品内容

要旨

大学生の水無月志郎は、同級生の磯川澄香に誘われ、彼女の家が営む湘南の民宿でアルバイトをすることに。そして働きだすと、澄香の母で民宿の女将である奈美子が自慰に耽っているのを目撃してしまう。翌日、奈美子から覗き見を問い詰められ、「わたしの恥ずかしい姿を見た罰よ」と裸にされ、そのまま妖艶熟女に童貞を奪われる。以来、志郎の身体に不思議な力が宿り、女性にモテはじめていく。突然の変化に驚く志郎は、奈美子と澄香の母娘に秘密があるのではと思いはじめて…!?海辺の宿を舞台にした奇想ハーレムエロス!

著者紹介

睦月 影郎 (ムツキ カゲロウ)  
本名・奈良谷隆。1956年1月生まれ、神奈川県横須賀市出身。県立三崎高校を卒業後、多様な職業を経て23歳で官能作家デビュー。匂いにこだわるフェチックな作品を得意とし、数々の著作を発表、絶大な支持を受け人気作家となる。また、本名の奈良谷隆名義で戦記作家、ならやたかしでは漫画家として活躍する多芸多才の持ち主である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)