• 本

巨乳嫁みだら奉仕 書き下ろし長編官能小説

竹書房ラブロマン文庫 か4−8

出版社名 竹書房
出版年月 2021年1月
ISBNコード 978-4-8019-2525-0
4-8019-2525-1
税込価格 726円
頁数・縦 267P 15cm

商品内容

要旨

会社経営を引退して苺農家をやっている鍋倉浩輔は、女宮司で未亡人の佐代子とまぐわったのを皮切りに、美女たちと淫らな縁を結ぶようになる。家政婦として再会した元部下のあいりを破廉恥なプレイで悦ばせ、自分を慕ってくる長男の嫁の佐緒里に巨乳で肉棒をいたわられ、次男の嫁からは子種をねだられる日々…。女たちの肉体ご奉仕に昂りを募らせ、浩輔は欲情を思うさま女の奥に注ぎ込む。快楽と興奮の嫁奉仕ロマン!

著者紹介

梶 怜紀 (カジ レイキ)  
1970年生まれ。工学部出身のバリバリ理系。工場技術者の傍ら小説を書き、2011年「飼育中 義母、叔母、そして秘書を…」(フランス書院文庫)でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)