• 本

侯孝賢と私の台湾ニューシネマ

出版社名 竹書房
出版年月 2021年4月
ISBNコード 978-4-8019-2610-3
4-8019-2610-X
税込価格 2,750円
頁数・縦 287P 19cm

商品内容

要旨

“1982年。台北のカフェ、明星珈琲館で私はこの人と出会った―。”『恋恋風塵』『非情城市』など、不朽の名作の数々を侯孝賢とともに創り上げてきた女流作家、朱天文が描く「台湾映画がもっとも輝いていた、あの日々」。台湾ニューシネマの美しき才女による珠玉のエッセイ集。

目次

第1章 侯孝賢と歩んだ台湾ニューシネマ時代(映画界へ―侯孝賢監督と運命の出会い
私たちの安安―『冬冬の夏休み』
初めての侯孝賢論 ほか)
第2章 写真が語るあの時この想い(サンプラスとチーター
『憂鬱な楽園』とコッポラの『雨のなかの女』
『好男好女』の“好男”―医師 蕭道應 ほか)
第3章 侯孝賢を語る・侯孝賢と語る(侯孝賢の映画と女性像―フランスの『カイエ・デュ・シネマ』誌によるインタビュー
『フラワーズ・オブ・シャンハイ』の撮影―「張愛玲と現代中国語文学」国際学術シンポジウムでの講演
この好天気、誰が名づける―朱天文・侯孝賢対談)

著者紹介

朱 天文 (チュー ティエンウェン)  
台湾の作家、脚本家。1956年、高雄鳳山生まれ。『風櫃の少年』から『黒衣の刺客』まで、侯孝賢作品のほぼ全作の脚本を担当。小説では、短篇『小畢的故事(小畢“シャオビー”の物語)』が台湾ニューシネマ誕生のきっかけとなった
樋口 裕子 (ヒグチ ユウコ)  
翻訳家、エッセイスト、早稲田大学非常勤講師。字幕翻訳者・映画関係の通訳者としても活躍
小坂 史子 (オサカ フミコ)  
映画制作会社「四面楚歌」の代表。侯孝賢やエドワード・ヤン作品の字幕翻訳を多く手掛ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)