• 本

隠れた高校野球王国・群馬監督たちの甲子園 上州から“聖地”を目指す11人の指揮官が語る勝利マネジメント術

出版社名 竹書房
出版年月 2021年7月
ISBNコード 978-4-8019-2758-2
4-8019-2758-0
税込価格 1,760円
頁数・縦 198P 19cm

商品内容

要旨

2013年夏甲子園初出場初優勝「前橋育英」、1999年夏群馬県勢初の日本一「桐生第一」、“機動破壊”を掲げ、悲願の全国制覇を狙う「健大高崎」…強豪私学を中心に往年の伝統公立校が混戦に拍車をかけ、毎年レベルの高い戦いを繰り広げる高校野球王国・群馬。

目次

第1章 青〓博文監督(健大高崎)「不如人和」
第2章 福田治男監督(利根商)「負けない野球」
第3章 境原尚樹監督(高崎)「丹念執念情念」
第4章 住吉信篤監督(前橋商)「一人一役全員主役」
第5章 井達誠監督(樹徳)「ONE」
第6章 岡田友希監督(太田)「環境作り思考作り」
第7章 今泉壮介監督(桐生第一)「雑草魂」
第8章 清水哲也監督(渋川青翠)「ドミニカ共和国で学んだこと」
第9章 小暮直哉監督(前橋東)「思考自走野球」
第10章 羽鳥達郎監督(関東学園大附)「トレーニング革命」
第11章 荒井直樹監督(前橋育英)「凡事徹底」

著者紹介

伊藤 寿学 (イトウ ヒサノリ)  
1973年群馬県生まれ。元朝日新聞・群馬版「朝日ぐんま」編集長。2015年に退社し、フリーライター。群馬県・東京都でスポーツを中心に取材活動を行う。Jリーグオフィシャルライター。月刊高校野球チャージ専属記者、サッカー紙エルゴラッソ契約記者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)