• 本

人狼への転生、魔王の副官 09

魔王の花嫁

EARTH STAR NOVEL ESN144

出版社名 アース・スターエンターテイメント
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-8030-1183-8
4-8030-1183-4
税込価格 1,296円
頁数・縦 306P 19cm
シリーズ名 人狼への転生、魔王の副官

商品内容

要旨

魔王さまと副官のヴァイト殿が街を旅立ってからしばらく、私は不自然なものが見つかったという鉱山へ調査隊を派遣していた。鉱山では魔法具の『杯』を手にした死体が動き出し、同時に、大量の骸骨兵が湧きだして鉱山から街々へと侵攻。そんなとき、勇ましい咆哮を上げ骸骨兵を倒していく黒毛の人狼が現れる。魔王軍第一師団副官、『黒狼卿』のヴァイト殿だ。ヴァイト殿が帰って来られたのだ―。骸骨兵を打ち倒した魔王軍は、次に『杯』の調査を進めることに。しかし、私は突然『杯』に身体を乗っ取られてしまった。翌朝、私は『杯』に操られたまま、いつものようにヴァイト殿と談笑しながら食事をする。『杯』は私の記憶を読み取り、私として完璧な受け答えをするので、いくら彼でも気づいてくださらないかもしれない…。そして、食事が終わるとヴァイト殿は食事中のままの穏やかな表情で、こう問いかけてきた。「貴殿は誰だ?」―その瞬間、操られている私の動きが止まった。大幅加筆&書き下ろしストーリー「魔王と副官の新婚旅行」を収録!

おすすめコメント

鉱山で発見された魔法具の杯。骸骨兵を呼び出し、ミラルディアを未曾有の大混乱に落とし込んだソレは、太守アイリアを『勇者』にしようと身体を乗っ取ってしまう。彼女の記憶を読み取り、アイリアとして完璧な立ち居振る舞いをこなすおかげで誰もアイリアが操られていることに気付かなかった。事態にいち早く気付いたヴァイトはアイリアを助けるべく手を差し伸べるが、杯に操られたアイリアはその手を振りほどき、行方を晦ませてしまい……。