• 本

決定版!投・走・攻・守上達ポイント 江藤省三野球教室

出版社名 東京新聞
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-8083-1017-2
4-8083-1017-1
税込価格 1,512円
頁数・縦 191P 21cm

商品内容

要旨

小・中学生が身につけておくべきポイントに特化。プロから子どもまでの豊富な指導経験に基づく内容。

目次

投手(正しい握りとフォーム
コントロールを良くするには ほか)
捕手(構え方
捕球の仕方 ほか)
打撃(バット選び
グリップの種類と握り方 ほか)
守備(グラブ選び
キャッチボール ほか)
走塁(打者走者のベースタッチ
走者の心得 ほか)

おすすめコメント

中日、巨人で活躍後、プロ野球コーチとして数球団を指導ののち、慶応義塾体育会野球部監督としては9シーズンで3回のリーグ優勝を成し遂げるなど、その手腕が高く評価されている江藤省三氏は、次代のベースボールプレイヤーの育成のため、野球教室やコーチ講習にも力を注いでいます。 そんな江藤氏が東京中日スポーツなどで長期にわたって連載中なのが「江藤省三の白球教室」。分かりやすく親しみやすい文章で、「プロ野球選手からも連載を読んでました、と何回も声を掛けられた」といいます。 本書はそんな人気連載を小・中学生向けの上達ポイントに特化してセレクトし、投手・捕手・打撃・守備・走塁を網羅。オールカラーの写真つきなので、連載時に文字だけでは伝えきれなかったものも、ビジュアルでチェックできます。 選手だけでなく、監督、コーチ、保護者など、選手を指導する方にも参考になる内容です。

著者紹介

江藤 省三 (エトウ ショウゾウ)  
1942年4月29日、熊本県生まれ。中京商業(現・中京大中京)高で主将として61年春夏の甲子園に出場。東京六大学野球の慶應義塾大でも主将として活躍、二塁手として4季連続ベストナインにも輝いた。66年、ドラフト3位で巨人に入団。69年に兄・慎一がいる中日に移籍。76年に現役引退後は、中日スコアラー、巨人コーチ・カスウト、ロッテコーチ・代理監督、横浜コーチなどを歴任した。東京中日スポーツ評論家として、同紙などに「野救教室」(「白球教室」として現在も連載中)も執筆、学童から社会人までのアマ野球の指導にも尽力。2009年12月にプロ野球経験者として初めて慶應義塾体育会野球部監督に就任、10年春季リーグ戦でチームを優勝に導くなど、9シーズンで3度の優勝を果たす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)