• 本

すぐわかる日本の装身具 「飾り」と「装い」の文化史

出版社名 東京美術
出版年月 2020年12月
ISBNコード 978-4-8087-1095-8
4-8087-1095-1
税込価格 2,200円
頁数・縦 141P 21cm

商品内容

要旨

江戸時代から昭和初期まで―、日本人の独自の感性が紡ぎ上げた装身具の歴史と文化を時代・アイテム別にたどる。べっ甲、蒔絵、彫金、象嵌、宝石、セルロイドなど、素材や技法もわかりやすく解説。西洋の美意識を旺盛に昇華させた宝飾装身具も多数掲載!豊富なビジュアルで、装いの変化や流行が一目瞭然。

目次

プロローグ 旧石器時代〜安土桃山時代 日本の装身具前史
第1章 櫛
第2章 笄、簪、根掛
第3章 洋風髪飾り
第4章 帯留
第5章 指輪
第6章 その他の女性用装身具
第7章 段性の装身具
巻末資料

著者紹介

露木 宏 (ツユキ ヒロシ)  
神奈川県生まれ、立教大学卒業。宝飾史研究家。日本宝飾クラフト学院理事長、NPO法人宝石宝飾教育振興会会長。ジュエリー文化史研究会主宰。幅広い資料収集に努め、装身具史研究と宝飾文化の発展に力を注いでいる。2020年9月「装身具工芸ギャラリー」開設。著書多数
宮坂 敦子 (ミヤサカ アツコ)  
企画編集者・著述家。HRD Antwerp Diamond Grader(ベルギー・ダイヤモンド・ハイ・カウンシル公認ダイヤモンドグレーダー)。株式会社Miyanse代表。ジュエリー研究会ムスブ主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)