• 本

白川静文字学に学ぶ漢字なりたちブック 3年生

出版社名 太郎次郎社エディタス
出版年月 2012年7月
ISBNコード 978-4-8118-0546-7
4-8118-0546-1
税込価格 1,540円
頁数・縦 253P 19cm
シリーズ名 白川静文字学に学ぶ漢字なりたちブック

商品内容

要旨

なりたちを知った漢字は忘れない!小学校3年生の配当漢字200字がぜんぶわかる。白川静文字学にもとづく子どものための漢字の本。

出版社・メーカーコメント

3年生の配当漢字はなんと200字!学年別で一番多いんです。 そのすべてのなりたちを1冊にまとめました。   「化」のなりたちにビックリ。「県」はもっとびっくり! 「寒」は古代文字を見るとよーくわかります。 さらに複雑、どんどん面白さを増す漢字の世界! 大人も読み応え十分です!古代文字も必見!

著者紹介

伊東 信夫 (イトウ シノブ)  
漢字研究家、教育実践者。1926年、山形県生まれ。1947年から91年まで、長く教職にたずさわる。60年代より、研究者と教師の共同研究をもとに、「漢字」「かな文字」学習の体系化をはじめとする実践的方法論を探究。つねに子どものまえに立ち、多くの教材を創案してきた。80年代後半より白川文字学に学び、また直接教えを受け、通時性をもつ豊かな漢字の世界を伝えるために研究をつづける。教師や親のための講座なども活躍中
金子 都美絵 (カネコ ツミエ)  
イラストレーター。民話や神話を題材にした絵画作品を数多く制作。2000年頃より白川静氏に私淑し、古代の漢字世界を描きはじめる。影絵的な手法で「文字の場面」を表現する独自のスタイルを確立し、著書『絵で読む漢字のなりたち』(2010年)にまとめる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)