• 本

放射線になんか、まけないぞ!

イラストブック

出版社名 太郎次郎社エディタス
出版年月 2012年1月
ISBNコード 978-4-8118-0750-8
4-8118-0750-2
税込価格 1,320円
頁数・縦 47P 23cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 子ども向けとあなどるべからず

    ラジオ出演で紹介されました。児童書として放射線についてその対応が分かり安く掲載されているのは当然ですが…さて保護者の皆様は一体どの位放射線を知っているでしょう?
    まず保護者が読み是非お子さんと一緒にページを開いて欲しい本です。(ひ)

    (2012年2月22日)

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

「何がおきたの?」「放射線って、どんなもの?」「何に気をつければいいの?」「これからどうするの?」子どもが知りたいことを、子ども自身が学ぶために。

目次

原発の事故は、どんなふうにおこったの?
第1章 放射線のことをもっと知ろう
第2章 放射線とわたしたち
第3章 みんなが元気でいるためのこと
第4章 放射線に負けないぞ
第5章 みんなで考えること
もっと知りたい人へ

著者紹介

木村 真三 (キムラ シンゾウ)  
科学者。1967年生まれ。福島第一原発事故がおきたすぐあとから、福島県で放射能汚染の調査を行う。同時に、チェルノブイリの調査もつづけている。だれもが放射線から身を守れるようになるため、市民科学者養成講座や、子どものための「キュリー学園」を福島県内で開催している。獨協医科大学准教授
坂内 智之 (バンナイ トモユキ)  
福島県内の小学校教諭。1968年生まれ。教室の子どもたちがチームとして学びあい、育ちあう授業をしている。最近では、日本全国や世界各地の教室と教室とをインターネットで結んで、学習方法の共有化や子どものがわからの授業改革をめざす「子ども未来プロジェクト」も進めている
柚木 ミサト (ユギ ミサト)  
画家、イラストレーター。企業ポスターなどの仕事を中心に、オフィスや店舗のディスプレイ・デザインも手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)