• 本

桃色同窓会 長編官能小説

竹書房ラブロマン文庫 SL−159

出版社名 竹書房
出版年月 2007年5月
ISBNコード 978-4-8124-3125-2
4-8124-3125-5
税込価格 713円
頁数・縦 350P 15cm

商品内容

要旨

三十歳目前の笹木遼一は結婚願望もあり、モテないわけではないのだが、いまだ独身であった。それは、ずっと二人の女性に憧れ続けていたからだ。一人は実姉の智世、もう一人は高校時代のテニス部の先輩・玲子である。そんな彼の元に、テニス部の同窓会の誘いが届く。玲子に会えるかもしれないと会に参加した遼一は、美熟の人妻に変貌したかつての先輩や同級生、後輩たちから次々と誘惑されて…。

著者紹介

牧村 僚 (マキムラ リョウ)  
昭和31年、東京都生まれ。筑波大学卒業後、芸能プロダクション勤務などを経てライターに転身。平成3年より官能小説家となる。年上の女性に憧れる少年の心理を描いた作品を得意とし、肉体的なこだわりから“ふともも作家”の異名をとる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)