• 本

こわい童謡

竹書房文庫 DR−201

出版社名 竹書房
出版年月 2007年7月
ISBNコード 978-4-8124-3184-9
4-8124-3184-0
税込価格 681円
頁数・縦 309P 15cm

商品内容

要旨

東京郊外の名門校、聖蘭女学院。転校生の彩音は奇妙な幻聴に悩まされていた。そんな時、寮のルームメイトで同じ合唱部員の奈々香に悲劇が襲ったのを皮切りに、彩音の周囲で変死や失踪が相次いで起こる。たった一人で真相究明に乗り出した彩音は、友人の死と“童謡”が密接な関係があることをつきとめるが…。それから5年後―ある事件をきっかけに廃校となってしまった聖蘭女学院の校舎から「深夜、童謡が聞こえる!」と付近の住民が騒ぎ出した。噂を聞きつけたテレビクルーと共に学院を訪れる音響分析官・響子。突然、同行していたスタッフに異変が!童謡に秘められた謎とは?聖蘭女学院で起こった惨劇と童謡の間に秘められた驚愕の関係とは…。童謡が恐怖の戦慄に変わる、ホラー・ミステリー。

著者紹介

福谷 修 (フクタニ オサム)  
1967年名古屋市生まれ。ライター、構成作家を経て自主制作した都市伝説ファンタジー映画『レイズライン』で2002年みちのく国際ミステリー映画祭オフシアター部門グランプリと観客賞を受賞。2003年、映画『自殺マニュアル』で商業映画監督デビュー。続く日本香港合作ホラー映画『最後の晩餐』が、スコットランドの国際ホラー映画祭“Dead by Down”で準グランプリ受賞。2004年、脚本を執筆した映画『渋谷怪談』『渋谷怪談2』の小説版「渋谷怪談」で作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)