• 本

世界が愛した日本

出版社名 竹書房
出版年月 2008年8月
ISBNコード 978-4-8124-3573-1
4-8124-3573-0
税込価格 1,430円
頁数・縦 229P 19cm
シリーズ名 世界が愛した日本

商品内容

要旨

今もなお、日本を愛する世界の人々…日本外交が生んだ真実の感動物語。

目次

第1章 日本×トルコ エルトゥールル号の恩返し―95年後の日本人奇跡の救出劇
第2章 日本×ポーランド シベリア孤児の救済―日本外交史上、異例の即断が救った小さな命
第3章 日本×ベルギー 10万フランの贈り物―日本の魂に応えた感謝の気持ち
第4章 日本×ユダヤ人 6000人を救った“命のビザ”―国益を超えた外交官・杉原千畝の決断
第5章 日本×インドネシア 植民地からの脱却―インドネシア独立を助けた日本兵
第6章 日本×韓国 もう一つの昭和―日韓の架け橋となった李方子妃
第7章 日本×ドイツ 坂東俘虜収容所で咲いた“虜囚文化”―捕虜ではなく人としての交流

おすすめコメント

我々の知らない歴史がここにあった! 世界に最も『良い影響を与えている国』は日本だという調査結果をご存知だろうか?これはアメリカのメリーランド大学がイギリスのBBC ワールド・サービスと共同で実施したれっきとした世論調査の結果なのである。

著者紹介

四條 たか子 (シジョウ タカコ)  
1959年山梨県生まれ。武蔵大学人文学部日本語日本文学専攻修士課程修了(日本中世史・日本中世美術史)。学芸員資格取得(美術)。競馬週刊誌・骨董店勤務、歴史小説家アシスタント等を経てフリーライター。歴史、伝統工芸・芸能、競馬などに関する取材・執筆活動を行う
井沢 元彦 (イザワ モトヒコ)  
1954年2月1日、名古屋市生まれ。早稲田大学法学部卒。TBS入社後、報道局(政治部)記者時代に『猿丸幻視行』にて第26回江戸川乱歩賞を受賞。31歳で退社し、以後作家活動に専念。歴史推理・ノンフィクションに独自の世界を開拓し、『逆説の日本史』を週刊ポストに連載中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)