• 本

絵草紙屋善右衛門女盗おとし 長編時代官能小説

竹書房ラブロマン文庫 え1−3

出版社名 竹書房
出版年月 2009年4月
ISBNコード 978-4-8124-3801-5
4-8124-3801-2
税込価格 713円
頁数・縦 263P 15cm

商品内容

要旨

阿波屋善右衛門は肝の据わった枕本屋。佳い女を見つければ、幕府のご法度もどこ吹く風。仲間たちと企みを巡らせ、艶姿を本にせずにはいられない無頼の男である。此度の獲物は市中を騒がす女義賊・『振り袖小僧』。腕はたつが色にはうとい神出鬼没の生娘盗賊を、淫らに花咲かせられるのか!?時代官能小説の気鋭が描く大好評の好色一代ロマン。

著者紹介

越後屋 (エチゴヤ)  
1955年生まれ。関西学院大卒。2005年『夜の飼育』が第3回幻冬舎アウトロー大賞特別賞を受賞。淫靡な責めに屈服し、マゾヒスティックな美しさを放つ女性の描写が支持されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)