• 本

あやつり淫法 長編時代官能小説

竹書房ラブロマン文庫 む1−8

出版社名 竹書房
出版年月 2009年9月
ISBNコード 978-4-8124-3944-9
4-8124-3944-2
税込価格 713円
頁数・縦 312P 15cm

商品内容

要旨

上州の山奥で暮らしていた十八歳の颯太は、唯一の身内である祖父の死を契機に江戸に出てきた。祖父の遺言によると颯太は忍びの者の血筋で、まだ目覚めていないが、相手の心に入り込んで思いのままに操れる秘術が備わっているとのことだった。ある日、大店の店主・市兵衛を庇って怪我をした颯太は、彼の家で介抱されることになる。そこで、市兵衛の娘・お紺に欲情した颯太は、初めての自慰をしてしまう。その瞬間、颯太の内に秘めていた力が目覚めて…。忍者の末裔の青年が秘術を使って、美女たちを快感に乱れさせ籠絡し出世していく魅惑の時代官能。

著者紹介

睦月 影郎 (ムツキ カゲロウ)  
本名・奈良谷隆。昭和31年1月生まれ、神奈川県横須賀市出身。県立三崎高校を卒業後、多様な職業を経て23歳で官能作家デビュー。匂いにこだわるフェチックな作品を得意とし、数々の著作を発表、絶大な支持を受け人気作家となる。また、本名の奈良谷隆名義で戦記作家、ならやたかしでは漫画家として活躍する多芸多才の持ち主である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)