• 本

となりの人妻−秘蜜の味− ベスト官能作品集

竹書房ラブロマン文庫 き2−5

出版社名 竹書房
出版年月 2010年6月
ISBNコード 978-4-8124-4218-0
4-8124-4218-4
税込価格 713円
頁数・縦 317P 15cm

商品内容

要旨

店子の若妻から家賃を待ってほしいと懇願された大家の男はある条件を出す…「白肌のお返し」、隣に住む欲求不満の熟れ妻に誘惑されていく青年…「誘惑マンション」、息子が亡くなり未亡人となってしまった嫁に禁断の情欲を覚える義父…「嫁の乳房」他、刺激に満ちた禁断の人妻官能ノベルがこの一冊に集結!貞淑な表の顔に隠された欲望深き人妻たちの性を、俊英が巧みな筆で炙り出した傑作の数々。

出版社・メーカーコメント

淑やかな人妻が情欲に濡れる瞬間(とき)。この疼きを慰めてほしいの…。店子の若妻から家賃を待ってほしいと懇願された大家の男はある条件を出す…「白肌のお返し」、隣に住む欲求不満の熟れ妻に誘惑されていく青年…「誘惑マンション」、息子が亡くなり未亡人となってしまった嫁に禁断の情欲を覚える義父…「嫁の女房」他、刺激に満ちた禁断の人妻官能ノベルがこの一冊に集結!貞淑な妻の顔に隠された欲望深き人妻たちの性を、俊英が巧みな筆で炙り出した傑作の数々を存分にご賞味ください。

著者紹介

霧原 一輝 (キリハラ カズキ)  
昭和28年、愛知県名古屋で生まれる。高校時代に学生運動の洗礼を受ける。早稲田大学文学部に入学後、演劇活動に邁進。そこで様々な女性に出会い性に目覚める。平成18年に『恋鎖』(双葉社)で霧原一輝としてデビューし、次々と作品を発表。現在、北関東に居を構え、エロスを追求しながら様々な文筆業を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)