• 本

秘めごとの里 書き下ろし長編官能小説

竹書房ラブロマン文庫 た1−8

出版社名 竹書房
出版年月 2012年2月
ISBNコード 978-4-8124-4810-6
4-8124-4810-7
税込価格 713円
頁数・縦 293P 15cm

商品内容

要旨

平田智則は二十五歳のサラリーマン。この歳まで童貞だったが、同じ会社に勤める夜久茂雪美という可愛い恋人ができた。そして念願のベッドインとなるが、いざというところで雪美に拒まれて、困惑する。さらに翌日、雪美は突然会社を辞めて、北国の実家に帰ってしまった。携帯も繋がらず、智則は休暇を取って彼女の実家に行くことに。着いた先は「雪女伝説」が伝わる、秘密めいた雪深い山村だった。すぐに雪美に会いたい智則だったがなかなか会えず、逆に情欲を昂ぶらせた美熟女たちから誘惑されて…。「雪女伝説」が残る妖しい村でのめくるめく冒険を描いた、ハーレム秘境エロス登場。

著者紹介

橘 真児 (タチバナ シンジ)  
昭和39年、新潟県出身。教員をしながら平成8年に『ロリータ粘液検査』(マドンナ社)で作家デビュー、平成15年に専業作家となる。学園モノから農村モノまで、様々な官能小説を発表し、好評を博している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)