• 本

実録餓狼ヤクザ伝 安藤昇 安藤組最期の日

バンブーコミックス

出版社名 竹書房
出版年月 2010年7月
ISBNコード 978-4-8124-7319-1
4-8124-7319-5
税込価格 503円

出版社・メーカーコメント

戦後、東京の暗黒街を疾風のように駆け抜けた安藤組にも、遂に終焉の日がやって来た! 組長安藤昇は横井英樹襲撃事件の責任をとって前橋刑務所に収監されていたのだが、その留守中、活動拠点の渋谷は東声会、稲川会、住吉会などの大組織の侵食が凄まじかった。東京で一番強い男と謳われた花形敬は昭和38年9月27日、東声会の放った刺客に刺殺され、39年11月には右腕ともいうべき大幹部の西原健吾も射殺された。安藤の6年間にも及ぶ不在は東京最強の“喧嘩屋”たちに急速な落日を呼んだのである。 そして昭和39年12月9日、出所した安藤は、西原の老母の「若い人の死はどうかこの子で最後にしてください」という一言で、12年間続いた安藤組の解散を決意する。 流星は堕ちていった――!